水商売の種類

水商売の種類

水商売で代表的なものはキャバクラです。キャバクラはお客様の隣に女性、俗に言うキャバ嬢が座り接待をする飲食店です。語源はフランス語のキャパレーと英語のクラブから来ています。最近ではテレビの特集でキャバクラが取り上げられており、店を主に利用するサラリーマン以外にも、小学生や中学生もテレビから得た知識で存在を知っていることがあります。さらに女性にとってキャバ嬢はカリスマ的な存在でもあり、ファッション雑誌等で紹介されていることもあります。そこから知名度を上げていき、将来の夢はキャバ嬢になるという女の子も増えています。キャバクラ側は基本的に社会的な常識があり、聞き上手な女の子であれば働くことができるため、学校を卒業したと同時にこの業界に足を踏み入れる子も多くいらっしゃいます。何より魅力的なのはその給料であり、一日に数十万円稼ぐことは珍しくありません。高級店が多い銀座や六本木で働く人気キャバ嬢であれば一日に数百万稼ぐことは容易です。このように様々な理由によって働いている子が多いのがキャバクラとなっています。一見すると派手な髪形に派手なドレス、この派手な印象から勘違いされやすいですが、社会常識が全くない女性ではありません。逆に聞き上手なのでお客様の話をしっかりを聞いてくれる上に気遣いも非常に巧いです。タバコに火を点ける前に口に咥えた瞬間にはライターが差し出されています。ライターも高級品であることが多く、いい気分で火を点けてもらうことができます。このような気遣いができる女性が多く、酒のグラスが空になることはありません。そのため一緒にいて非常に居心地が良く、楽しくお酒を楽しむことができます。料金は時間制となっており、時間が訪れると店のボーイが時間であることを伝えに来てくれます。ここで延長するか、あるいはしないかを選ぶことができます。延長しない場合であればチェックと伝えればお会計となります。注意する点としては、キャバ嬢に対し故意に触れることは禁止されています。故意に触れたのであれば間違いなくキャバ嬢からは良い反応をされることはありません。逆に罰金や出入り禁止といったペナルティが科せられることがあります。そしてお酒の飲ませ過ぎも禁止となっています。お酒に強い子もいれば弱い子もいるため、一気飲みなどは間違ってもさせてはいけません。お客様のペースもあればキャバ嬢のペースもあるので注意が必要となっています。ワンランク上の店を楽しみたいお客様には高級クラブが似合っています。こちらは基本的なサービスはキャバクラと変わりませんが、料金が高いのが特徴となっています。同時に会員制であることが多く、ふらっと寄って入れる店ではありません。利用するためには高級クラブ側に店を利用できる人間であることを証明する方法、または既に会員となっている方から紹介してもらってはいる方法に分かれています。そのため利用する場合には主にこの2通りの方法を試す必要があります。前者であれば高いスーツなどを始めとしたしっかりとした服や装飾品を着用し、店に入れるように交渉するのが最も無難です。紳士的な対応をすれば人間性に問題がない限りは許可が下ります。しかし、高級クラブはキャバクラよりも遥かに高く、ドンペリを頼んだだけでも100万円以上は発生する店ばかりです。女性とお酒の質は非常に高いですが、その分料金も高いことを忘れてはいけないのが注意する点となっております。また、キャバクラのような高級感がある店だと落ち着かない方はガールズバーがお勧めとなっております。ガールズバーは女性が中心となっているショットバーです。店によってはお酒も女性が作っている場合があり、完全に女性のみで経営されている場合もあります。キャバクラと比べて料金が安く、女性と気軽に話したいお客様から人気があります。料金は時間制となっており、時間内であれば飲み放題といったガールバーも存在しています。一人の同じ女性がお客様に付くのではなく、時間が経過することによって変わっていきます。そのため1時間で2~4人ほど女性が変わっていくことがあります。気軽にお酒を楽しみながら女性と会話することができるため、一人でお酒を飲むのが寂しい方や女性が大好きな方から人気が高いです。こちらも水商売系のルールと同じく女性に対するタッチは禁止となっています。また、最近はバリエーションに富むようになっています。店内がカジノのような内装になっており、女性や他のお客様とゲームを楽しむことができるガールズバーや和をテーマにした和風のガールズバーなどが増えています。さらに最近のサブカルチャーの流行を取り入れたのか、女性がメイド服といったコスプレをしている店もあります。このような店が現代の水商売ではメジャーな店となっております。女性とお酒を飲むため、お酒に飲まれずに大人の対応を常に心掛ける必要があります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

ページ

おすすめ記事

  1. 風俗の種類

    風俗の種類

ランキング

ページ上部へ戻る